千寿会ブログ

その他事業

2009年11月22日

植樹を行なってきました


当法人の職員が日本語教室関係(土岐国際交流協会)との協力でアクアミルヴァ(工業用地)へ植樹を行いにいってきました。
自然との共存をテーマに日本語教室の方々や,外国人の方々と一緒に柿と栗の木を植樹しました。
桃栗三年柿八年といいますからいつかは今回植えた木々にも実りの年が来ることを楽しみにしています。
少しでも多くの自然を残せて行くとよいですね。

2009年10月09日

今月も認知症サポーター養成講座を開催


今回の講座は,市内一色町の東原公民館で25名の皆様と行なってきました。
認知症を予防するための取り組みについて講座を開催しました。
認知症を予防するためには日記や趣味,運動などが良いといわれています。
みんさん熱心に聞いておられ,日記はすでに沢山の人が書いていることも知りました。
みなさんの若さの秘訣を学んだ気がします。

2009年09月09日

認知症サポーター養成講座をハートピアで開催


ハートピア(瑞浪市社協)で30名の参加者と認知症サポーター養成講座を行ないました。
実際に介護を行なっている方もみえましたが認知症は脳の病気であるということを知って気持ちが楽になったとおっしゃっていました。
講座終了後に何名かの方が質問にみえました。
上手な介護の秘訣として「割り切り上手は介護上手」や「気負いは負け」ということを話されながら,お互いに助け合い,支えあっておられました。
サポーターの輪がどんどん広がることをうれしく感じています。

2009年09月04日

可児市で外国籍の方と勉強会を行ないました


可児市国際交流協会「フレビア」にて外国籍の市民の皆様と認知症についての勉強会を行なってきました
前回の外国人の方の介護実習が縁で行ないました。
どの方も日本での生活期間が長く,流暢な日本語を話されていました。
アルツハイマー病などを身近に見聞きすることがあったようで皆様認知症の症状について一生懸命勉強されていました。

2009年08月26日

認知症サポーター養成講座開催報告


恒例となってきました『認知症サポーター養成講座』ですが,今回は瑞浪市稲津町小里で行われました。
稲津町にある寿楽荘を会場に34名という多くの参加者と一緒に認知症について勉強しました。
お座敷で机を囲み,お互いの介護のときの悩みや戸惑い,苦悩などの例をみなさん熱心に聞き入っておられ,共感されていました。

2009年07月22日

地域に在住の外国籍の方の介護研修の様子


可児市在住の外国人学生による介護現場の体験,研修を行いました。
車いすの利用や利用者様との触れ合いを体験したり,折鶴といった折り紙を使ったレクリエーションで伝統や文化を学んだりしました。
また,研修の最後には認知症についても学びました。
日本の介護現場に思いやりや愛情を感じ感動された様子でした。
翌日,7月23日にもブラジル人学生が来苑され,施設の見学などを行われ,母国の介護の現場と日本とを比較され愛情を強く感じられたそうです。

2009年05月22日

認知症サポーターの養成講座開催


恒例となってきました『認知症サポーター養成講座』。

今回は日吉町平岩 長寿クラブの皆様,20名と行ってきました。

講座も開催回数を重ねるごとに少しずつ講師にも余裕が生まれ新しい試みが行えています。

今回はクイズ形式で行い,認知症予防に良い健康食品について勉強してきました。

終始飽きの来ない内容だったと思います。

皆様健康意識を高く,講座にも熱心に参加されていました。

カテゴリー

カレンダー

前の月 2019年11月 次の月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

アーカイブ

検索

RSSフィード

RSS


各施設一覧

ほのぼのブログ

各施設の日常の風景が御覧になれます。
その日のこと、散歩、イベントなどたくさんの楽しい内容が公開されています。


ページの上部へ戻る

社会福祉法人 千寿会
(c) 2012 SENJYUKAI. All Rights Reserved.